【椅子のリメイク】DIYで新品同様?! 初めてでも簡単&おしゃれに

interiors

 

こんにちは。Rejoiceです。

物心付いた頃から、家のこととかインテリアにすごく興味がありました。新聞の朝刊に入ってくるお家やマンションのチラシの間取りとか、いくら見ても飽きなかったし、子供部屋の壁を好きな色のペンキで塗ったり、蝶番を使って壁にアタッチした細長い折りたたみデスクを自分でしつらえてみたり…

DIY歴は長いのですけど、きょうは特にUpholstery(家具の張替えのことを。なぜ自分でするようになったのか?のキッカケや、椅子のリメイク・張替えの手軽さや愉しさを、DIYの簡単なプロセス、材料や道具のことも交えて書いてみようと思います。

この記事を読み終えた頃には、早速お気に入りの生地を手に入れて、自分で椅子の張替えをしてみたくなること請け合いです♪

Upholstery(家具の張替え)との出会い

DIYと言えば…Upholstery(アポルスリーって聞いたことあるでしょうか?室内装飾とか椅子の張替えなどにに使われる言葉です。

このUpholstery、欧米では女性がDIYで普通にするんだそうです。10年くらい前にアメリカのテキサス州オースチンにあるSPRUCEという家具のリメイク工房のオーナーAmanda Brown(アマンダ・ブラウン、以下アマンダ)という女性が、人気デザインブログDesign*SpongeDIYのマンスリーコラムを持ってた時期がありました。

彼女の作品はもちろんのこと、美しく華奢な彼女の男前な布裁きと仕事っぷりにひと目で虜になりました。アマンダの手にかかると、年代モノのボロっボロの家具たちが新しい命を与えられて息を吹き返すんです。

可愛らしくてチャーミングなアマンダ
この華奢なカラダで古くて大きな家具をさばく姿が なんともカッコいいのです

image via : Orange County Register (top) and SPROCE (bottom) 

 

いざ !! 椅子のリメイク・張替えをやってみよう

「やってみたい~!」と、一番簡単なダイニングチェアの座面張替えに着手。予想以上の仕上がりに気を良くして、それからはずっと自分でやってます。

ワタシは力自慢タイプですが(笑)座面張替えは力もあまりいらないし、もしもアナタが非力なタイプでもカンタンにできちゃいますよ。

自宅のダイニングテーブルと椅子は長く使いたいから無垢材にしたのだけど、椅子の座面って結構すぐにヘタってくるんですよね… でも業者に頼めば工賃も結構なものだし、送ったり送ってもらったり…ハンドリングが煩雑。それに座面のファブリックだって自分でこだわったものを好きに選びたい。

ここ一番大事!

ペンドルトン(Pendleton) のブランケット生地は 世界最大級の海外オークションサイトebayで調達
今回は3種類の違った柄で張り替えます

 

椅子の張替えDIY 材料と道具 そして準備のこと

そんなことではじめた椅子のリメイクも今回で3回目。着手するまでは少し億劫なんだけど、いったん始めるともう夢中です。椅子の木の部分も鑢(やすり)で少し削ってオイルを馴染ませて仕上げるだけで、見違えるほどにキレイになるんです。

で、座面。道具をそろえて材料さえ下準備すれば、あとは工作のような過程を踏むのみ。
ファブリック以外の材料はいつもAzumaさんにお世話になってます

サイトでは、プロセスが丁寧に写真付きで説明されていて、とても分かり易い!ホントに助かってます。それに『やはりプロに任せたい』という方は、もちろん請け負ってくれますよ。

主な材料:
好みのファブリック強度と見栄えのために(中のチップウレタンが写らないよう)あまり薄手でない方がベター
② 好みの厚さのチップウレタン
③ 仕上げ用の薄手のウレタン
④ 座面裏を整える不織布または薄めの布
⑤ 強力なスプレーのり

道具など:
ガンタッカーと芯(ダイソーでもOK)、ラジオペンチ(ガンタッカーの芯を抜く)、油性マーカー、裁ちばさみなど

作業中の様子… 前回使用のウレタン材は黄色く変色してヨレッとへたってます
これを新しいフワッとしたものに変えていきますよ~

 

椅子の張替えDIY 手順は思ったよりずっと簡単!

おおまかな手順は 下の①~⑤の通りですけど、 Azumaさんの手順以上に分かり易い手順書を作成できる自信が全くない… それくらい?!懇切丁寧とても分かり易く書かれているので、こちらから参照してみてください。

① 座面に合わせてウレタンやファブリックを切る
② 椅子の土台とウレタンに順番にスプレーのりをつけて重ね、余分なウレタンは切って形を整える
③ ファブリックを座面に合わせてガンタッカーで4箇所を固定したら、あとはガシガシととめていく
④ 座面裏は不織布などでキレイにガンタッカーを使って目隠し
⑤ あとは本体に座面を設置すれば、ほ〜らカンタン出来上り〜 

ペンドルトンで【ヴィンテージシック】なテイストに!

今回はNIKEやUGGなどとのコラボで、日本でも着々とそのファンを増やしているアメリカのオレゴン州発ブランケットブランドのPendleton(ペンドルトン)のウール生地の端切れを米国発の世界最大級オークションサイト ebayで調達してみました。
最近は日本語のサイトもできました

しかし…ブランケット生地だけあって…あ、厚い… 。少しいつもより力がいりましたけど、自力で完成できました。

か、かわいい… すみません…完全に自画自賛です(笑) フォームを前回より1センチ厚めにしたから座り心地も上々です。しかもこの個性… ワタシ好みの【ヴィンテージミックス】のインテリアもにピタリと決まります。

今回は ウレタンをいつもより1センチ厚いのにしてみました
フクッとしてキモチいい!!

 

おわりに…

一度しっかりプロセスの画像も取っておいてご紹介できればなぁと思うんですけど、現時点ではAZUMAさんのサイトの手順が最強です。ビジュアル付きの説明なので プロセスのシンプルさや愉しさが伝わるのではないかなと。

いや、でもこのレベルの作業で、この満足感と達成感!新しい家具を買わずとも部屋の印象をガラッ変えることができちゃいますよ。

ぜひ、お試しあれ…

 

最後までお付き合いありがとうございます。

星の数ほどもあるブログの中から 当サイトにお立ち寄りくださりありがとうございます。
ご訪問のおしるしに… ポチッといただけたら、とても嬉しいです♪

 にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

それでは今日も口角をキュッとあげて参りましょう~
rejoiceでした。

関連記事一覧

  1. あきこ

    椅子の張り替えやってみようかな。猫にぼろぼろにされた椅子があって捨てようか迷っててました。そんな時にこの記事にであって感激♡
    ありがとうございます!

    • rejoice

      あきこさん、はじめまして。
      嬉しいコメントをありがとうございます♪ 
      椅子の張替えって やり始めるまで少しだけ億劫ですけど、一度始めちゃうとドンドン出来ちゃいますよ。
      ワタシは特に、ガンタッカー(大きいホッチキスみたいたもの)で、布をガンガン打つ作業が好きです(笑)
      お気に入りの生地を選んで、ぜひ『お着替え』してみてくださいね~
      記事中にリンクを張ったAZUMAさんのサイトはとても分かり易いですのでオススメです(^^)

ABOUT

ダンナさんとティーンエイジャーの息子2人、ネコ科の三男坊1匹と暮らすフルタイムワーカー。

趣味とは無縁に生きてきた10数年… 空の巣症候群予防のため自分のココロがよろこぶことを模索しはじめ、一念発起してブログをスタート。自分の好きなことや気になることを詰め込んだ『妄想宝箱』を作りを始める。

もっと詳しいプロフィールはこちら(^^)