食べた・飲んだ・笑った わが家のアメリカンな?! クリスマスの宴

yummy!

 

こんにちは、rejoiceです。

慌しく、賑やかなクリスマスホリデーも終わり、26日からまた出勤。4日もお休みをすると、頭を仕事モードに切り替えるのがなかなか大変です。仕事納めまで残すところ1日となりましたけど、あぁ仕事が片付きません…

職場はすでにお休みに入っている人も多く、人影もまばらになってきました。

わが家のクリスマスは、毎年25日に両親を招いてお祝いします。24日ではなく断じて25日、というのは結婚以来20年近くも変わらずです。きょうは、わが家の『食い倒れクリスマス』の準備とパーティーの様子を少し。

『24日のクリスマスイブ』ではダメなんです、わが家のクリスマスは25日

うちのダンナさん、クリスマスのパーティーを24日にすることを良しとしません…(苦笑)

確かに日本人だって大晦日にお節料理を食べて「あけましておめでとう!」といってパーティーはしませんから、そういった意味では納得せざるをえないのだけれど、何せ25日のクリスマス当日は、職場は年末差し迫る慌しい時期。あと数日もすればお正月休みに入るというのに、このタイミングで毎年お休みをいただくのも気が引けます…

が、25日に仕事に行くといえば「こんな日に仕事に行くなんて!!」と非難の眼差し。そんなことで今年も例年通り、恐縮しながら25日にお休みをいただいたわけなのです。 

 

恒例のローストターキーはダンナさんの担当

クリスマスディナーに七面鳥か丸鶏を焼くのが定番です。そして、これはダンナさんの担当。毎年気に入ったレシピをインターネットなどで見つけてきては、新しいものにチャレンジするその情熱に感服するばかり。

鉄板のローストターキーとそのスタッフィング、マッシュポテトにグレービーとクランベリーソースをそえて。
ヴィンテージバウアーのカラフルな食器で賑やかな食卓です

今年は、楽天のオンラインのお肉屋さんミートガイ】で4~5キロの七面鳥を調達。もちろん6人でも一度には食べきれないほどですけど、残ったものはターキーサンドイッチになったり、ターキーサラダにしたり、ガラと野菜でスープをとってチキンスープならぬ、ターキースープにしたりと、その後数日間、思い切り堪能できるのが毎年のクリスマス後の愉しみの一つです。

七面鳥の丸焼き 今年は あの○○さんと◇◇さん2人のレシピを合体させて

今年のダンナさんは マーサスチュワートさんジェイミーオリバーさんという著名な料理家2人のレシピを合わせてみたとのこと。この大物2人のレシピを合わせちゃうとは… 男の料理、豪快です(笑)

マーサスチュワート:お料理やインテリアにとどまらず、ライフスタイル全般をデザイン・提案するアメリカの偉大なおかあさん
ジェイミーオリバー:イギリスの食文化に大きく貢献した料理人のひとり。ダイナミックで独創的なレシピや料理番組は世界中で大人気

七面鳥の味は淡白だし大きなサイズゆえ、表面に塩こしょうを軽くしただけでは味が寂しいので、ソミュール液で一晩下味をつけます。今回、これをマーサのレシピから。

ソミュール液:スパイス、ハーブ、ワインなどを加えて作る、肉に下味をつけるための「塩づけ」用の液体
あまり… 美しい図ではありませんが… 白ワイン、スパイス、玉ねぎ、ハーブの入ったソミュール液に ↑こうして一晩つけます。

さて、一晩つけておいたターキー。おなかの中にスタッフィング(詰め物)をします。しっかりした全粒粉のパン、豚挽き肉、オレンジとレモンの皮や、数々のスパイスやハーブなどをフードプロセッサーで細かくして、焼き栗などとともに詰めて行きます。これは最近インスタグラムにアップされていたジェイミーの動画からインスピレーションを得たらしい。

「これは美味しいよ~絶対~~」と、隣でワイワイと騒ぐワタシ… スタッフィングの材料を見ただけでもウキウキします

あとは宴のスタートに合わせてオーブンへ。170度のオーブンで2.5時間くらいでした。調理時間はサイズなどをみながら…

そして一度パーティーが始まれば、後はみんなワイワイ・ガヤガヤと、今年の一年をふりかえって談笑しながら、好きなモノをめいっぱいいただくのです… まさに食い倒れクリスマス(爆)普段カーボを控えめの食事をしているワタシも、クリスマスくらいは… ねぇ♪

食事の後にゆっくりお酒を飲んだりお茶とお菓子を頂きながら

メインの食事はもちろん、その後はワインや好きなお酒、コーヒーや紅茶と手づくりのお菓子を頂きながら、ゆっくりおしゃべりが、わが家のスタイルです。

お菓子はワタシの担当で、毎年種類を少しずつ変えながらクリスマスらしいケーキやクッキーなどの焼き菓子を多めに準備して、残ったものはお土産や、休み明けにオフィスの同僚に少しお裾分けしたりしています。

① クラシックガトーショコラ

次男のリクエストで作ったシンプルなチョコレートケーキです。小麦粉などの粉類は本当に少ししか入っておらず、チョコレート、卵、バターが材質のほとんどを占めています。しっとりとして、口溶けもよく、思いのほか軽い食べ心地。ターキーディナーの後でも結構いけてしまう危険なチョコレートケーキ…

チョコレートはお手軽に特売品の板チョコのダークを。甘酸っぱいラズベリーと相性ピッタリ!

② チョコレートチップクッキー

これも年末に焼くわが家定番お菓子。チョコチップ、胡桃、ココナッツがたっぷり入ったクッキーです。周りはサクサクで、中は少し噛みごたえが楽しいアメリカンクッキーの王道。

毎年大量に作っても、あっという間になくなってしまうほど人気です

③ キャロットケーキ

毎年必ずフルーツケーキを1つ含めるんですけど、今年はナッツ、フルーツをたっぷり入れたキャロットケーキ。バターの代わりに植物油を使用するので、ドシッと重量感があるのにに軽やかに食べられます。シナモン、ジンジャー、グローブなどのスパイスをしっかり効かせて。

出来立てより一晩経ってからの方が味が馴染んで美味しいんです。パーティーのお土産にもよろこばれます

おわりに… 

宴の間は、みんなでワイワイと楽しく食事をしているんだけれど、こんな風に書き出してみると… お、恐ろしい… ティーンエイジャー男子2人の食欲は凄いものがありますし、ダンナさんも結構食べるほう。両親は好きなものをほどほどに。そしてワタシは… 気をつけながら…でも、お菓子は別腹で(笑)

あぁ、次の体重チェックが怖い。

【関連記事】


準備は毎年大変ですけど、家族が喜ぶ顔を見るのを愉しみに、また来年もふたりで頑張ってしまうんだろうなぁ。

最後までお付き合いありがとうございます。

星の数ほどもあるブログの中から 当サイトにお立ち寄りくださりありがとうございます。
ご訪問のおしるしに… ポチッといただけたら、とても嬉しいです♪

 にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

それでは今日も口角をキュッとあげて参りましょう~
rejoiceでした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

ダンナさんとティーンエイジャーの息子2人、ネコ科の三男坊1匹と暮らすフルタイムワーカー。

趣味とは無縁に生きてきた10数年… 空の巣症候群予防のため自分のココロがよろこぶことを模索しはじめ、一念発起してブログをスタート。自分の好きなことや気になることを詰め込んだ『妄想宝箱』を作りを始める。

もっと詳しいプロフィールはこちら(^^)