【ヴィンテージミックス】カンタ刺繍 ラリーキルトのラグ がとても気になる

arts & crafts
image via:OMERO 

 

こんにちは。rejoiceです。

先日ソファのはなしを書いた後、やっと重い腰を上げて大掃除をしました。ソファのケアなどど偉そうなことを言ってましたが、キッカケがないとなかなか(笑)

ファブリックのカバーを全部取り外して洗濯し、ソファ周りのスローやクッションカバー、ブランケットなどなど、大量の布モノを洗濯したり、クリーニングに出したり。面倒だけど、キレイになるとやっぱりキモチがいい

で、気付いたこと。

わが家を見渡すと… なんだかとても 布モノが多い!

大きなファブリック素材のソファをはじめ、部屋のあちこちに様々な素材の布モノが点在してます。そう… 布モノ大好きです。

そこで、きょうはワタシが長いこと恋焦がれている『究極の手仕事!』インドのカンタ刺繍 ラリーキルトのことすこし。

【関連記事】

オシャレなインドの布のこと… インドって『布好きの天国』かも

自分で着るインド綿は白が多いんだけれど、街で時々見かけるインド女子たちのサリーの色や柄合わせは、うっとりするような美しさで、昔からとても気になります。

フーシャピンクやオレンジ、パープルやグリーン… 無地やブロックプリントなどの柄布を巧みにあわせる彼女たちの感性の豊かさには思わず唸ってしまう。あ、インド布好きっていえば、fabric campさんのサイト、美しいくて癒されますよ。

そんなワタシですから、インドの刺繍だとか手仕事と聞くと食指が動きます。さすがに自分でサリーを着る勇気はないけれど、だいぶ若い頃からインドのファブリックや刺繍などの小物を装いに取り入れるのが好きです。

インド綿やシルクの刺繍や装飾がいっぱいのバッグやポシェットをシンプルな装いに合わせると、いい具合にピリッとスパイスが効くんですよね。

image via:firlyworn @Etsy  

 

究極の手仕事 【カンタ刺繍】いろいろ… そしてラリーキルトとは

刺し子をした刺繍の布を総称してカンタと呼ぶそう、でアルファベットだとKanthaと書きます。

インドとバングラデシュの境界あたりにあるジョソール発祥の伝統手工芸で、着古したした伝統衣装のサリー(女性衣)やドウティー(男性衣)を再生&再利用するための技法から始まったものなんだそうです。

カンタ刺繍には、村の様子やその自然や動物のモチーフを刺したもの(ノクシカンタ)や、モチーフの周りのみを埋め尽くすように刺繍するタイプ(バルバトカンタ)作品の全体を刺し子でビッシリと埋め尽くすものなど(スジュニカンタ)様々なものがあるのだとか。

なんと言っても カンタの魅力はその自由でおおらかな色とりどりのステッチ。ルールを重んじるヨーロッパの刺繍とは違い、まるで色鉛筆で自由にお絵かきでもしているようです。

モチーフは幾何学模様だったり、ヒンドゥー教や仏教の神様、動物や植物など生活の身近なもの。みんなどことなく愛嬌があってチャーミング

↓日本のカンタ刺繍の第一人者 望月真理さんの作品
彼女の作品は古布再利用のための手工芸の域をすっかり超越している芸術作品で畏怖を感じます
気の遠くなるような時間をかけ すべての空間をステッチで埋めていく作業で生まれるこの独特のリズムのある質感!

 

また、ヴィンテージのカンタでは、特定のモチーフではないけれど、その独特で幻想的な色柄合わせが、どことなく抽象画を思わせます。

カンタ刺繍のなかでもラリーキルトは、布を重ねてシンプルな直線を施したタイプのもの。ラリーは『繋ぐ・混ぜる』を意味することばで、古い布を刺し子のようにして縫い合わせて生活必需品として再利用していくとてもエコな伝統工芸です。

修理しながら長く大事に使う… なんだか昔の日本人のモッタイナイ精神にも通じるところがありますね。

【ヴィンテージミックス】のインテリアにピタッと決まりそう?! 

一番初めにカンタ刺繍を目にしたのは、以前 原宿の表参道を少し横に入ったところにあった(今は撤退してしまったようですが)ユナイテッドアローズの店舗でした。目に入った瞬間 お目々がキラーン!!

な、なにこれ?この素朴だけど、どこか垢抜けていて、妙妙たる色柄あわせの不思議なキルトは?
ワタシ好みの【ヴィンテージミックス】テイストにもピタッと!決まりそうな雰囲気…

家に連れて帰りたかったけれど、あの日は家族にクリスマスプレゼントを買いに出かけた手前、自分へのプレゼントの予算はゼロで 泣く泣くあきらめたのでした。

そして月日は流れ… 

image via:OMERO 

 

あれは 通勤電車で『あ~きょうもハニ&タビに癒されるな~』なんて、何気なしに大好きな石田ゆり子さんのインスタグラムを見ていたときです。

あれっ?このハニ坊が寝転んでるイスに何気なく置いてあるキルトってもしや… あの数年前に見た不思議なキルトに酷似しているではありませんか!
 石田家のハチミツ色の猫ちゃん

そう、これが2度目のカンタ刺繍、ラリーキルトとの出会いでした。
そしてその後はもう、ずっと恋焦がれているワケです

ラリーキルトのヴィンテージ、使い込んで少しヨレっとシャビーな感じがいい

先にすこし書いたように カンタ刺繍のラリーキルトは基本的にリサイクル素材が使われます人気が出始め 一部では商業的なカンタ刺繍、いわゆる新しい素材で作られたモノも出回っているようですが、本来の意味でいうとそれらはカンタではないなぁと。

着古したサリーなどを幾重に重ねて作るから 年月と共に表面が磨耗して下のレイヤーが見えてきたり、その部分をまた上から補強したり… そんな全部がカンタのチャーミングな個性になるんだと思うんです。

イングランド、マンチェスター在住のアーティスト、Sandra Robinsonのブログから 
お気に入りを日々使い込むうちに表面が磨耗して下の生地が見えたり 補修したパッチが愛らしい個性になったり
抽象画を思わせる美しさ

image via:The Colour of Ideas 

 

ベッドスプレッド?ラグ?ヴィンテージ ラリーキルトをどう使う?

そんな魅力のいっぱいのカンタのラリーキルト。ぜひワタシの布モノコレクションに加えたい!というい想いが日々ムクムクと育ってます(笑)

● どんな色柄合わせがわが家には合う?
● まずはソファに何気なくマルチカバーとして乗せてみようかな
● やっぱりベッドにアクセントに足元のところに掛けるのが王道かな
● でも大きなクッションに加工されたものもいいし ラグにも良さそう… 

などと、手に入れる前から妄想が止まりません( ´艸`)ムフ

どこで探すのがベスト?カンタ刺繍 ラリーキルト

さてカンタ刺繍 ラリーキルト、どこで買うのが正解か?通販?それとも実店舗?と悩みは尽きませんが、時間を見つけては少しずつリサーチ中。

これだ!と思えるカンタ君に出会えた暁にはショップ情報も含めて、またご報告&ご紹介させてください。

【関連記事】


おわりに

後半は完全にワタシの妄想大会になってしまいましたが… インドの手仕事、カンタ刺繍 ラリーキルトの魅力を少しでも共有いただけたのであれば、それはこの上ない喜びです♪

世の中は、たくさんの人のこだわりとステキなモノたちで溢れていて、ときに圧倒されますが(笑)ささやかな自由時間、お気に入りのマグカップでコーヒーでもすすりながら ドップリと妄想に溺れてしまうのも…それはそれで、またタノシ…

 

最後までお付き合いありがとうございます。

 ブログランキングに参加しています。
 まだまだスタート間もない弱小ブログ… 

みなさんの応援が更新の励みです。ポチッといただけたらとても嬉しいです♪

 にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

それでは今日も口角をキュッとあげて参りましょう~
rejoiceでした。

関連記事一覧

  1. Kantha quilts!

    Cool post! Check out my Indian antique kantha quilts at http://www.etsy.com/shop/homebyjehee

    • rejoice

      Hi homebyjehee,

      Many thanks for visiting my site and nice comment.

      I am in love with the vintage Kantha quilts in your Etsy shop!!
      They look exquisite and different from many others.
      So pretty and sophisticated!!

      I hope that people in my country will find your great quilts via my site.
      Hopefully.. I will get one for myself soon 🙂

      Cheers,
      Cico

ABOUT

ダンナさんとティーンエイジャーの息子2人、ネコ科の三男坊1匹と暮らすフルタイムワーカー。

趣味とは無縁に生きてきた10数年… 空の巣症候群予防のため自分のココロがよろこぶことを模索しはじめ、一念発起してブログをスタート。自分の好きなことや気になることを詰め込んだ『妄想宝箱』を作りを始める。

もっと詳しいプロフィールはこちら(^^)