【ソファ】マイベストを選ぶための4つのポイントと永く愛用の秘訣は?

clare kennedy interioros
interiors
image via:Clare Kenney Interior Design 

 

こんにちは。rejoiceです。

やっと週末!先週は海外からのビジターがあったりで仕事がかなり忙しく、なんとホットヨガのレッスンに一度もいけなかったんです… レッスン予約も全部キャンセルすることになってしまい、キモチがドーンと下がる一週間でした。

って仕事がメインなんだか、ヨガがメインなんだか。そんな疲れたワタシを大きな包容力で受けとめてくれる… そう、それは… わが家のソファー(笑)

きょうはソファのことについて少し。そのサイズと存在感から置くか置かないか?で賛否が分かれますが、購入を検討となれば、しっかり吟味して妥協なく選んで永く愛用してゆきたいのがソファです。

生活のスタイルに合わせてマイベストを選ぶための4つのポイントと、長く愛用するためのティップをまとめてみました。

まずは… わが家のソファ事情

わが家のリビングに入ると…大きなソファがドド~んとベストポジションに鎮座してます。これは新婚当時に新宿のTHE CONRAN SHOP(ザ・コンランショップ)で購入したNo17 Sofaというオリジナルのもの。
現在は残念ながら廃盤のようです

サイズ的にもお値段的にも まさに『清水の舞台から飛び降りる』ような覚悟で購入したもの。すでに数回カバーリングも交換して、とても大事に使用してます。幅も奥行きもあってかなり大きいですが 座面と背もたれ共に中綿が羽毛とフェザーで、カラダをふわっ〜ズブズブブブブ… っと包み込みます。

安心してカラダを預けられる頼もしいソファです。

THE CONRAN SHOP コンランショップ で17年以上も前に購入したソファ
カバーは三男坊ジョージに少しカリカリやられてますけど… 土台はまだしっかり

 

ソファはリビングの中心、だからしっかり吟味して選ぶ

家の中でも存在感1,2を争う家具のひとつで、それひとつでインテリア全体の印象を大きく左右するほどです。ひと言でソファといっても、いろんなタイプがあって悩ましい…  頻繁に購入するものじゃないから、ここは間に合わせは避けて、しっかり吟味して長いお付き合いができるお気に入りソファに出会いたいところです。

では、どんなところを気をつけながらマイベストに出会うか… 

 

コレでほぼリビングの印象が決まる⁉︎ ソファの素材は?

ワタシがソファを購入した当時、まだ大きなソファをリビングに置く若者世帯は今ほど多くなかったと思います。

特にリアルレザーは重厚すぎるデザインが多くて若者の好みに合わず、価格も手の届きにくいものでした。

しかし… 最近のリアルレザーソファ、アツイす‼︎  あ〜いいな〜欲しいな〜とあとから購入組のオシャレなレザーソファに羨望の眼差し… 日ごろのケアはマメにする必要がありますが、耐久性はピカイチです。それに経年による多少のダメージも味のうちとなるのはレザーソファーの特権です。

反対にファブリック素材は、レザーに比べて経年磨耗も早いし数年に一度交換する必要も出てきます。でも、あの独特の柔らかでくつろいだ雰囲気は何にも変えがたいですし、カバーリングを外して丸洗い!が出来るものも

あと、生活をともにするモフモフな家族(わが家は猫)がいる場合、素材選びはとても大事です。モフモフたちによるソファへのダメージがどこまで許容できるか?で大きく違ってくるかなと。これは、また別の機会にもう少し掘り下げてみようと思ってます。
【関連記事】

 

堅さの好みもいろいろです…ソファのクッション素材は?

時間の経過とともにヘタりが出てくるのはある程度いたしかたないことではあるけれど、座面や背面部のクッション素材の種類によって耐久性がだいぶ違ってきます。

例えば、同じウレタン素材でも密度の高いモールドウレタンと気泡が多く柔らかいスラブウレタンでは耐久性に大きな差がでるでしょうし、ウレタンチップを圧縮成型したたちチップウレタンは、固めでヘタり強いといわれます(DIYでイスの張替えに使用するのもこのタイプ)。

また、ポリエステル素材の綿は柔らかく復元力もありますが、さらにフェザーなどの羽毛は、その柔らかさや復元力がずば抜けており、半永久的にフワッとしたクッションが持続するらしい。

わが家のソファはフェザー素材なんですが、確かにパンパンと叩いて成型すると、あっという間に元通りのフワッフワに復元しますよ。

素材の要素も大事だけれど、次に気になるのは… 


ソファのデザインやスタイルは?

北欧、ミッドセンチュリー、イタリアンモダン、アメリカン、アジアン、カントリー、クラシック などなど、上げたらきりがありません… 

どんなタイプにしようか?と悩んだときは、ソファに何を求めるか?を明確にするといいですよ。

美しいデザインをみて楽しみたいとか、ゆっくり包まれてお昼寝したいとか、家族団欒やお客さまの接待とか、ステキなリーディングライトを添えて寝転んで読書したいとか。

それによって、自分や家族にとって最適なデザインやサイズ、許容範囲が見えてくるかなと思います。

 

image via : Amber Interior Design  

 

最近は選択肢もだいぶ広がり… ソファの「最適な」価格は?

これはもう…ハイエンドでは限りなく高価です。一般家庭であれは100万円超のソファはあまりないでしょうけど、50万円前後のモノは結構あります。こだわりをもって選び、長く大事に使う覚悟で考えるならばアリだと思います。

わが家のソファはすでに18年選手ですけど、いい家具というのは本当にに堅牢に作られていて、ちょっとやそっとのことではビクともしないです。

最近は モフモフの三男坊が時々ガリガリ… するので、そろそろカバーは替えどきかな。でもカバーを新調すると… 全くの新品みたいに生まれ変わるんです。

ただ、ワタシがソファを購入した頃とはだいぶファニチャー事情も変わりました。もう少しお手ごろである程度長く愛用できるものも数多く市場に出回ってきて、チョイスの幅が大きく広がりました。

イケア(IKEA)のソファもお手ごろのものから、ハイエンドのSTOCKHOLMラインまでバラエティーに富んだ品揃え。それに 最近メキメキとセンス&クオリティアップしてきている『お値段以上~♪』でおなじみのニトリなどでも、もっとお手軽にお気に入りが見つかるかも。

そう考えると… 日本のソファ文化もだいぶ成熟してきたんだなぁと感慨深いものがあります。

さて、こうして吟味を重ねてマイベストを手に入れたら、ずっ~と大事に永く活躍して欲しいもの。でもときどきは気軽に『着せ替え』気分も愉しみたいですよね… そんなときは…

 

image via : Amber Interior Design  

 

クッションを添えて気軽にソファの『模様替え』気分

海外インテリアブログやインテリアショップのサイトをみていると、そのクッション(ピローと呼ぶことも)使いが絶妙です。ソファの買い替えやカバーの張替えは頻繁にできないけど、クッションで気軽に模様替え。これ賢い考えだと思います。

ソファのファブリックが無地だったら、キリムやバティック、ラリーキルトなどのクッションを組み合わせてエキゾチックな柄などにライしてみるのもステキです。面積が小さい分 思い切って遊べるのがクッションのいいところ。

ワタシがよくチェック&利用するのは、Etsy(エッツィー)というサイト。世界中のハンドメイドやヴィンテージを購入できるアメリカ発のeマケットプレースです。2016年1月には日本語サイトもできたので 利用し易くなりました。要チェックです~
【関連記事】

 

世界最大級のハンドメイドとヴィンテージのeマーケットプレイス
『pillows kilm』検索ですると… こんなクッションがザックザック!! しかもお手ごろ価格に感動… ☆(´∀゚人)

image via:Etsy

 

ソファは高価なお買い物 だからケアして永いお付き合いを

家具の中でも最も高価な方に属するし、こだわって選んだ大事なソファだからできるだけグッドコンディションのまま長持ちして欲しい

そこで、わが家のソファのケアを下にリストしてみました。

●   毎日座面&背面をパンパンとたたいて成型:中綿が羽毛&フェザーなのでやわらかい分型崩れが…
● 平日はコロコロで掃除、週末は掃除機を使って念入りに:猫毛対策がメイン
● 除菌・殺菌・消臭スプレーも活用:メイド・イン・ジャパンの除菌消臭剤A2 Careを使用してます
● 半年に一度は、ファブリックのカバーリングを外して洗濯(洗濯表示チェック!!)
● ファブリックカバーリングの取替え:今のところ6~7年に1度くらいのペース
● 中綿の羽毛&ウェザーの補充を適宜:実はまだやったことないですが、そろそろかなと

と、こんなところで、あまり大そうなことはしてません(笑)結局は毎日の小さなケアの積み重ね』が長持ちの秘訣かなと思ってます。

あとファブリックカバーの取替え。これはある程度まとまったお金のかかるので積立貯金をしています(地味ですが…)

 

おわりに

と、ソファのことをつらつらと書いてみましたが、みなさんにとってはソファとはどんなモノでしょう?ただフツーに腰をかける目的だけというよりは、

● 大好きなスポーツ観戦を心地よく盛り上げるもの
● ゴロンと横たわって、日ごろ読みたかった本をゆっくりと堪能する場所
● のんびりとお茶を飲んだり自分へのご褒美時間を愉しむためのお供
● きょうもここでゆっくりお昼寝をする僕専用のスポット by ネコ科三男坊ジョージ… 

などなど 住まいの中の特別なスポットと捉える方も多いのでは? 

比較的長く使うものだから ここは間に合わせは避け しっかり吟味して永くお付き合いができる、お気に入りの逸品に出会いたいですね~

 

最後までお付き合いありがとうございます。

 ブログランキングに参加しています。
 まだまだスタート間もない弱小ブログ… 

みなさんの応援が更新の励みです。ポチッといただけたらとても嬉しいです♪

 にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

それでは今日も口角をキュッとあげて参りましょう~
rejoiceでした。

関連記事一覧

  1. Vanmet

    What a cool blog!! Clear writing with a very fine esthetic sense. And so far a lot simple tips, backed up with interesting links, to motivate people to begin their own vision of style and start to make it real. Congratulations to the author–looking forward to more to come.

    • rejoice

      Thanks much for the 1st comment! Yes, you are the very 1st commenter on this blog! I really appreciate you have a chance to visit here. I look forward to your visit again to see what’s happening in my blog 🙂

ABOUT

ダンナさんとティーンエイジャーの息子2人、ネコ科の三男坊1匹と暮らすフルタイムワーカー。

趣味とは無縁に生きてきた10数年… 空の巣症候群予防のため自分のココロがよろこぶことを模索しはじめ、一念発起してブログをスタート。自分の好きなことや気になることを詰め込んだ『妄想宝箱』を作りを始める。

もっと詳しいプロフィールはこちら(^^)